高品質な求人作成のためのチェックリスト

高品質な求人を作成することは、採用活動を成功へ導く大切なカギです。Indeedの掲載基準を満たすことは、検索結果上での求人の露出度を高め、より見やすく、充実した求人票は、良い求職者と出会うチャンスへと繋がります。

今回の記事では、Indeedに投稿する求人の質を高める6つのチェックポイントをご紹介します。

 

1. アカウント情報を充実する

アカウントの基本情報を適切に設定することで、アカウント認証を早期化することができます。採用企業アカウントには以下のような情報を含めるようにしてください。

  • 正式な企業名、住所、企業の電話番号
  • 汎用のものやフリーメールではない、企業ドメインのメールアドレス

 

2. 1ポジションにつき1求人を作成する

同じ求人を複数作成したり、複数の募集職種を1つの求人票に含めないようにしてください。
つのポジションにつき1つの求人票を作成します。例えば、東京オフィスと大阪オフィスでそれぞれ営業スタッフを採用したい場合は、2つの求人を作成し、別々の勤務地を設定します。

 

3. シンプルで具体的な職種名にする

職種名は、シンプルで具体的なものにします。必要に応じて、職種名に加えて特定の業種名・分野名を記入することも効果的です。

  • 例:「自動車部品メーカーの経理」

質の低い職種名と判断された場合、求人が表示されにくくなる可能性があります。例えば、より多くのクリックを獲得するためのフレーズや絵文字などは推奨されません。

  • NG例:「高収入」などのフレーズ、「♩」、「!」などの記号や絵文字

また、給与情報、勤務地、雇用形態、アピールポイントなどは、職種名ではなく職務内容の欄に記入します。

  • NG例:「コンビニスタッフ アルバイト(東京)時給1050円」

 

【良い職種名・悪い職種名の例】

  • NG:【シニアも活躍中!大募集!週1日大歓迎】スーパーの店舗スタッフ
  • Good: スーパーの店舗スタッフ
  • NG: 直行・直帰OKの訪問介護スタッフ(アルバイト)
  • Good : 訪問介護スタッフ 

 

4. 実際の勤務地を設定する

被雇用者が実際に勤務する市区町村を勤務地に設定します。ドライバーの仕事など勤務地が限定されない求人の場合は、オフィスや営業所の所在地を勤務地に設定します。

 

5. 職務内容に十分な情報を記載する

基本情報 ー これらの情報は必ず含めます。

  • 業務内容や責務
  • 企業の概要
  • 雇用形態
  • 給与情報
  • 求める経験やスキル

さらに、以下のような情報を含めることも効果的です。

  • 勤務時間やシフト情報
  • 企業HPのURL
  • 福利厚生
  • 詳細な勤務地、住所

 

6. 年齢・性別・国籍等により不当に応募を制限しない

特定の性別や年齢層に限定・優先する表現が含まれている場合は掲載できません。

  • 例:「女性限定」「主婦歓迎」「シニア歓迎」「18歳〜30歳」「外国人大歓迎」

ただし、特定の性別や年齢を優先・限定しないことが分かるような表現や、法令で認められた制限理由が記載されている場合は問題ありません。

  • 例:「主婦歓迎」→「主婦(夫)歓迎」
  • 例:「18歳以上」→「18歳以上(22時以降の深夜時間帯勤務を含むため)」
  • 例:「30歳まで」→「30歳まで(例外事由3号のイ)」

Indeedに掲載できない投稿の種類

掲載基準に基づき、掲載が出来ない場合があります。

  • 例:求職者に費用を課す求人(研修費用など)
  • 例:フランチャイズオーナーの募集広告や起業の機会を宣伝する広告
  • 例:求人以外の投稿(サービスの宣伝、セミナーなど)

より詳細な情報は、こちらのページをご覧ください。


関連リンク