ウェルネスプログラムを自社の企業文化に構築する

のコロナウイルスによってれたたなの、のをする、まずの2つをえてみましょう。それは、『にとってのウェルネスとはか?』そして『(実に)でっているウェルネスはか?』 ということです。これらのいにするえはしているでしょうか?

くのがのウェルネスをサポートしているとべており、にはコア・バリューにみんでいるもあります。しかし、コロナウイルスの流によってきこされたにのが応している、おそらくまでによりも動が事になっていくでしょう。くのがとをにえる、のウェルネスへのりみは、ミッションステートメントをえてしっかりりまなければなりません。のはウェルネスをなるのものとえていますが、それをしのにしっかりみんでいきましょう。

ここでは、をきつけ、エンゲージメントをめ、してしてもらうためのウェルネスプログラムをするための4つのをごします。

とウェルネスは、日のにとってにです。によると、の23%がをにけたいやいとうをぶというがています。で、60%のがウェルネスをすることでのがし、61%のがとのげにつながっていると回しています。ウェルネスをサポートするをすることはきなをち、な材のと維のにちます。

実、くのにとって、ウェルネスサービスはなるではなく、されているものなのです。のによると、25~40のの75%が、とにすることはのであるとえており、88%がしているをするがく、58%がフィットネスとウェルネスのがされるできたいとえています。さらに、58%はこれらのがされていれば、のにまるがいと回しています。

ウェルネスは択肢をち、よりくするをめてます。は、よりい、フィットネス、ストレス、ををするなどのしがあることでモチベーションをめます。ウェルネスプログラムをするには、魅を最限にきし、してもらうために、をくするがあります。

のような、ウェルビーイングのあらゆるをカバーするため、オンサイトとオフサイトのをサービスにみみましょう。

のさまざまなクラス、トレーニングモジュール、ファイナンシャルコーチング、そののオプションのウェルネスのをしましょう。からコーチングまで、ビジネスにのないのにしてもすることもできます。のみやライフスタイルにわせたをすることは、がをのとしてしていることをしています。

のプログラムが、日ののニーズをたしていることがです。プログラムは、様とインクルージョンをにサポートしていますか?あらゆる、、的のニーズに応していますか?

えば、、マーク・ザッカーバーグからハリーまで有名までもが、がをるについてっています。女のをのやにも拡することをしましょう。またののについてもです。やジェネックスは業のピークをえており、にコロナウイルスがしているは、最のも齢のやなど、リスクのい々のケアをしなければならない場があります。ライフステージのあらゆるにあるに、とされるサポートをとそれにするサポートをしましょう。

位なくフラットなとは、な場の徴です。 そのため、がレベルのをめるであろうと、エンジニアリングチームがしいアプリのいをするであろうと、リーダーシップはでのがどのようなものかをることがです。

事スタッフは、とそのののとのけとなります。リーダーたちは、がどのようにハードにいているか、マネージャーがしているはか、リモートワーカーも織のとしてじながらけているかなど、さまざまな題をしておくがあります。

日のにしたグローバルのでは、へのニーズやプレッシャーはにしています。よりも、、、をウェルネスにみむことが切です。たちはたちでじるよりも、のはく、はたちにくの時とエネルギーをげているので、にを切にしなければなりません。 コロナウイルスはくのことをえてきましたが、それだけではありません。いずれにしても、ウェルネスがこれまでになものになりました。

はこちら: