About Indeedブログ編集部

Recent Articles by Tamami

【エッセンシャル・ワーカー】今、世界で必要不可欠な仕事

3月19日、カリフォルニア州は4千万人弱の住民に対して、屋内退避指令を出しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、住民は食料品の買い物や運動のための散歩など、必要不可欠な場合を除いて自宅から出ないこと、そして同居者以外とは常に1.8メートル の距離を取ることを求められました。その後、1か月以内に米国内のほとんどの州で同様の指令が出されました。

多くの店舗が営業を停止するなか、特定の職種やサービスは人々の健康と安全を保つために不可欠で、なかでも医療従事者と食料品店の店員がその代表です。病人の治療にあたる人材、食料を確保する手段は常になくてはならないものです。そして、このような「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる人だけが自宅外で仕事を続ける状況が続くにつれて、「必要不可欠な仕事」について改めて意識する機会が増えています。…

【ウェル・ビーイングの科学】テレワーク中にも幸せに過ごす方法

数か月前には予測もつかなかった事態ですが、世界中で多くの人々が今、外出を避けて、テレワークを行っています。人類がこれまでも環境への適応を繰り返し今に至っていることを考えると、不思議でもありませんが、人々は新型コロナウイルスによりもたらされた日常生活の課題に対応し、新たなルーティーンに順応しつつあります。

たくさんの記事やコラムでアドバイスを目にしますが、著名な専門家の重要なメッセージが埋もれないようにする必要があります。今こそ、これまで以上に幸福感を重視すべきであるという心理学者のソニア・リュボミアスキー博士にお話を伺いました。この記事では、その具体的な理由と対策に関する博士の説明をご紹介します。…

Indeed でのテレワークの検索数の急増 ― 傾向の分析

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの人の仕事のあり方に変化が生じています。アメリカ合衆国労働省労働統計局の調査によると、感染拡大前にテレワーク (リモートワーク) の選択肢が提供されていたのは 29% の従業員でした。しかし、外出自粛要請により、多くの都市で医療従事者やスーパーの従業員などの「エッセンシャルワーカー」以外は自宅を出て仕事をすることができなくなりました。

これにより、多くの人々がリモートで仕事をするようになりました。その中でこれまでリモートでの業務経験がない人も少なくありません。テレワークは、多くの企業にとってこの新しい環境で機能するための唯一の方法であるため、かつては自宅で行うことはほぼ不可能だと考えられていた仕事を適応させる必要があります。Zoom…

【テレワークの科学】現在、そして未来

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークは一部の人が享受するものから、世界中で多くの人々が日常的に満たすべき要件に変わりました。

テレワークに関する研究を20年以上続ける経営学の専門家、ティモシー・ゴールデン博士 (レンセラー工科大学) は、「今回のコロナ禍は、テレワークの分岐点となりました」と言います。

テレワークがこれほど一般化した状態は、世界中のどこでも前例がありません。多くの従業員とマネージャーは、フルタイムのテレワークの実態を知り、想像とのギャップに驚いています。実は、テレワークがどういうものかを知っているという考えが、作業の妨げとなる場合があります。生産性と効率性が低下し、どうしようもなく苛立ちが募ります。今回初めてテレワークを経験するリモートワーカーとマネージャーが思い込みに振り回されず、現実に対処するには、どうすればよいでしょうか。…

労働市場のまとめ ― 小売業界の大型採用、失業数、その他

新型コロナウイルスに関連するニュースの急速な変化を受け、IndeedのHring Lab (グローバルな労働市場に関する報告を行う Indeed のエコノミストとリサーチャーのチーム) は調査結果のまとめを発表しています。

Indeed は刻々と変化する状況に応じて、常に最新情報を把握し、皆様に重要な情報をお届けします。

Amazon と Walmart の採用発表で検索回数が急増

(3月26日、ニック・バンカー)

3月中旬、米国内の多くの人がテレワークを行うようになったため、食料品と宅配の需要が急上昇しました。対策として、小売大手の…