About Indeedブログ編集部

Recent Articles by Tamami

コロナ禍での採用ブランド戦略について ― 企業メッセージを正しく伝えるために

新型コロナウイルスは多くの企業に混乱をもたらしています。アマゾンやウォルマートなどの企業の採用計画に注目が集まる一方で、不確実な事態に直面する中、次に何をすべきか明確ではない企業もあるでしょう。

各企業は、それぞれの状況に応じて判断し意思決定を行うことにより、この危機に対応しようとします。しかし、もしあなたが今すぐに新しく人を雇える場合であっても、別のプランを立てようとしている場合であっても、いずれにしても求職者と関係性を構築し、維持していくことが重要です。今できることがあります。それは現在のこの状況にリアルタイムに対応していくだけではありません。事態が収束して、人々がオフィスに戻ったときのための準備でもあります。…

コロナ禍の中で『つながり続ける』ための戦略

remote workforce

今、私たちは大きな困難に直面しています。COVID-19によりあらゆるビジネスの先行きが不明確となり、混乱がもたらされました。業務を続ける方法についても、多くの急な変化を余儀なくされています。

この新しい環境にすばやく順応することは容易ではなく、まるで足元の地面が分刻みで動いているような気持ちになることもあります。前回の投稿では、この危機の初期段階に Indeedが行った対応についてお話しました。以来、完全在宅勤務が真に意味することを多く学んできました。そして今も学び続けています。

この記事では特にコミュニケーションに焦点を当てて、これらの難しい局面を乗り越える方法、そしていかに『つながっている』という感覚を育むかについて見ていきます。これらは私たちにとって効果的なアプローチでした。皆様のご参考になれば幸いです。…

仕事の幸福度がこれまで以上に重要な理由

今、働き手も雇用主も、これまで経験したことのない境遇におかれています。パンデミックがどれくらいの期間続くのか、それが経済に与える影響はいかほどなのかなど、新型コロナウイルスの影響は計り知れません。そんな中で人々の幸福度はどうなっているのでしょうか。幸福度はこの状況にどのような影響を与えるのでしょうか。

オックスフォード大学の准教授であり、国連の世界幸福度幸福の共同編集者でもあるヤン-エマニュエル・ドヌーヴ博士によると、幸福とそれに寄与するさまざまな要因がこれまで以上に重要になってくるようです。「今、私たちが直面している経済や健康に対するマイナスの衝撃を緩和できる唯一のもの、それはこの危機を通じて活性化されている人々の社会的つながりやソーシャル・キャピタル(社会関係資本)の強化です。」と彼は説明します。…

リモートワーカーに疎外感を与えないための 5つのヒント

remote employees

新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、多くの企業は従業員の安全を守り、ウイルスのさらなる拡大を防ぐためにリモートワーク制度を採用しています。

しかし、こうした脅威を抜きにしても、リモートワークは多くの企業にとっての新しい基準となりつつあります。調査では、米国の40~70% の労働者が少なくとも週に1回は在宅勤務をしていることが明らかになっています。

リモートで働けることには、自宅やお気に入りのカフェで仕事をする快適さ以上のメリットがあります。リモートワークは従業員のストレスを軽減してやる気を高め、健康状態を維持することに …

一緒に乗り越えましょう ー Indeedの新型コロナウイルスへの対応

indeed covid-19

今回の新型コロナウイルスのような困難は、現代では前例のないものです。ほんの数週間前はこのような事態になるとは誰も考えていなかったでしょう。国境は閉鎖され、市街地は封鎖、多くの人々が自身の仕事やビジネスについて先行きの見えない状況に直面しています。

物事は分刻みで変化しており、この状況がどれくらい続くのかも分かりません。ビジネス、政府、教育の場でこれまで日常的であったことがすべて混乱しています。判断の基礎となる先例やモデルもありません。コロナウイルスの影響が拡大するにつれ、これはすべての人にとっての課題となりつつあります。…