All posts categorized in: リモートワーク

リモートワーカーを成功に導くための働き方改革

かつては珍しかったリモートワークも、今日では一般的となり、従業員に求められる働き方になりつつあります。調査によると、米国の労働者のうち40%から70%が、少なくとも週に1回は在宅勤務をしていると推定されています。また、米国での求職者のうちほぼ半数が、「リモートワークができることが、仕事を選ぶ上で重要な要素である」と答えています。

テレワークと言うと、自宅で仕事をせずに、パジャマを着て寝転んでいるという固定観念を持つ人もいるかもしれません。しかし、中国の大手旅行会社を対象に、スタンフォード大学が2年間に渡って行った調査によると、リモートワーカーの生産性は在宅勤務の方がはるかに高く、一日余分に働いているのと同等の生産性を持っていることがわかりました。また、Indeedの最近の調査でも、従業員と雇用主の大多数が、リモートワークは生産性の向上につながると感じていることがわかっています。…

チームワークが夢を叶える: 生産性の高いチームを構築するための6つのステップ

職場のチームの機能が最大限に発揮されたことはありますか?誰もがシームレスに連携し、非常に生産的でありながら、各自が仕事に対して想像以上にエネルギーと努力を注いでくれる。このような経験をしたことがある人は非常に運が良く、チームが一つとなる一体感を感じられることでしょう。

生産性の高いチームの構築に、実際に運はほとんど関係ありません。相乗効果の基礎を築けるような採用方法を実践し、人間関係を円滑にする手助けをすることで、「全体は部分の総和に勝る」ことができるのです。
あなたの組織で生産性の高いチームを作るための6つのステップをご紹介します。…

Indeed でのテレワークの検索数の急増 ― 傾向の分析

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの人の仕事のあり方に変化が生じています。アメリカ合衆国労働省労働統計局の調査によると、感染拡大前にテレワーク (リモートワーク) の選択肢が提供されていたのは 29% の従業員でした。しかし、外出自粛要請により、多くの都市で医療従事者やスーパーの従業員などの「エッセンシャルワーカー」以外は自宅を出て仕事をすることができなくなりました。

これにより、多くの人々がリモートで仕事をするようになりました。その中でこれまでリモートでの業務経験がない人も少なくありません。テレワークは、多くの企業にとってこの新しい環境で機能するための唯一の方法であるため、かつては自宅で行うことはほぼ不可能だと考えられていた仕事を適応させる必要があります。Zoom…

【テレワークの科学】現在、そして未来

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークは一部の人が享受するものから、世界中で多くの人々が日常的に満たすべき要件に変わりました。

テレワークに関する研究を20年以上続ける経営学の専門家、ティモシー・ゴールデン博士 (レンセラー工科大学) は、「今回のコロナ禍は、テレワークの分岐点となりました」と言います。

テレワークがこれほど一般化した状態は、世界中のどこでも前例がありません。多くの従業員とマネージャーは、フルタイムのテレワークの実態を知り、想像とのギャップに驚いています。実は、テレワークがどういうものかを知っているという考えが、作業の妨げとなる場合があります。生産性と効率性が低下し、どうしようもなく苛立ちが募ります。今回初めてテレワークを経験するリモートワーカーとマネージャーが思い込みに振り回されず、現実に対処するには、どうすればよいでしょうか。…