All posts categorized in: COVID-19

ウェルネスプログラムを自社の企業文化に構築する

のコロナウイルスによってれたたなの、のをする、まずの2つをえてみましょう。それは、『にとってのウェルネスとはか?』そして『(実に)でっているウェルネスはか?』 ということです。これらのいにするえはしているでしょうか?

くのがのウェルネスをサポートしているとべており、にはコア・バリューにみんでいるもあります。しかし、コロナウイルスの流によってきこされたにのが応している、おそらくまでによりも動が事になっていくでしょう。くのがとをにえる、のウェルネスへのりみは、ミッションステートメントをえてしっかりりまなければなりません。のはウェルネスをなるのものとえていますが、それをしのにしっかりみんでいきましょう。…

Indeed 企業ページを使って求職者とつながり続ける

新型コロナウイルスによる経済の不確実性は、わずか数ヶ月の間に採用状況を大きく変えました。雇用主の中には、迅速に採用活動を強化する必要のある企業もあれば、人材獲得の戦略を転換し、厳しい労働市場での競争から採用ペースを落としたり、採用を完全に停止したりする企業もあります。

Indeed では、このような厳しい時代を乗り切るため、現在および将来の採用ニーズをサポートするツールを提供したいと考えています。現在採用活動を行っていなくても、求職者との良好な関係を保つことは、採用企業ブランディングを維持する上で重要です。従業員や求職者への対応も含め、この危機にどのように対応するかで、採用活動を再開する時期に、あなたの会社がどのように認識されるかが変わってくるでしょう。…

新型コロナウイルスの影響で求職者の検索方法に変化

Indeed で今最も増加している検索キーワードは、リモートワーク、テレヘルス(遠隔医療)です。

重要ポイント:

昨今の新型コロナウイルスの影響により、求職者の仕事検索が、必要不可欠な仕事へと急速に転換しています。 3月1日以降、「遠隔看護」などの遠隔地でできる職種の検索が急増しています。 求職者は、新型コロナウイルスにより深刻な打撃を受けている雇用主や職種から離れている傾向にあります。 雇用主へのアドバイス:求職者はすぐに動いてしまうため、採用を続けている雇用主は、求人情報をできるだけ早く公開するべきです。…

【エッセンシャル・ワーカー】今、世界で必要不可欠な仕事

3月19日、カリフォルニア州は4千万人弱の住民に対して、屋内退避指令を出しました。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、住民は食料品の買い物や運動のための散歩など、必要不可欠な場合を除いて自宅から出ないこと、そして同居者以外とは常に1.8メートル の距離を取ることを求められました。その後、1か月以内に米国内のほとんどの州で同様の指令が出されました。

多くの店舗が営業を停止するなか、特定の職種やサービスは人々の健康と安全を保つために不可欠で、なかでも医療従事者と食料品店の店員がその代表です。病人の治療にあたる人材、食料を確保する手段は常になくてはならないものです。そして、このような「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる人だけが自宅外で仕事を続ける状況が続くにつれて、「必要不可欠な仕事」について改めて意識する機会が増えています。…

【ウェル・ビーイングの科学】テレワーク中にも幸せに過ごす方法

数か月前には予測もつかなかった事態ですが、世界中で多くの人々が今、外出を避けて、テレワークを行っています。人類がこれまでも環境への適応を繰り返し今に至っていることを考えると、不思議でもありませんが、人々は新型コロナウイルスによりもたらされた日常生活の課題に対応し、新たなルーティーンに順応しつつあります。

たくさんの記事やコラムでアドバイスを目にしますが、著名な専門家の重要なメッセージが埋もれないようにする必要があります。今こそ、これまで以上に幸福感を重視すべきであるという心理学者のソニア・リュボミアスキー博士にお話を伺いました。この記事では、その具体的な理由と対策に関する博士の説明をご紹介します。…