All posts categorized in: COVID-19

Indeed でのテレワークの検索数の急増 ― 傾向の分析

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの人の仕事のあり方に変化が生じています。アメリカ合衆国労働省労働統計局の調査によると、感染拡大前にテレワーク (リモートワーク) の選択肢が提供されていたのは 29% の従業員でした。しかし、外出自粛要請により、多くの都市で医療従事者やスーパーの従業員などの「エッセンシャルワーカー」以外は自宅を出て仕事をすることができなくなりました。

これにより、多くの人々がリモートで仕事をするようになりました。その中でこれまでリモートでの業務経験がない人も少なくありません。テレワークは、多くの企業にとってこの新しい環境で機能するための唯一の方法であるため、かつては自宅で行うことはほぼ不可能だと考えられていた仕事を適応させる必要があります。Zoom…

【テレワークの科学】現在、そして未来

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークは一部の人が享受するものから、世界中で多くの人々が日常的に満たすべき要件に変わりました。

テレワークに関する研究を20年以上続ける経営学の専門家、ティモシー・ゴールデン博士 (レンセラー工科大学) は、「今回のコロナ禍は、テレワークの分岐点となりました」と言います。

テレワークがこれほど一般化した状態は、世界中のどこでも前例がありません。多くの従業員とマネージャーは、フルタイムのテレワークの実態を知り、想像とのギャップに驚いています。実は、テレワークがどういうものかを知っているという考えが、作業の妨げとなる場合があります。生産性と効率性が低下し、どうしようもなく苛立ちが募ります。今回初めてテレワークを経験するリモートワーカーとマネージャーが思い込みに振り回されず、現実に対処するには、どうすればよいでしょうか。…

労働市場のまとめ ― 小売業界の大型採用、失業数、その他

新型コロナウイルスに関連するニュースの急速な変化を受け、IndeedのHring Lab (グローバルな労働市場に関する報告を行う Indeed のエコノミストとリサーチャーのチーム) は調査結果のまとめを発表しています。

Indeed は刻々と変化する状況に応じて、常に最新情報を把握し、皆様に重要な情報をお届けします。

Amazon と Walmart の採用発表で検索回数が急増

(3月26日、ニック・バンカー)

3月中旬、米国内の多くの人がテレワークを行うようになったため、食料品と宅配の需要が急上昇しました。対策として、小売大手の…

コロナ禍での採用ブランド戦略について ― 企業メッセージを正しく伝えるために

新型コロナウイルスは多くの企業に混乱をもたらしています。アマゾンやウォルマートなどの企業の採用計画に注目が集まる一方で、不確実な事態に直面する中、次に何をすべきか明確ではない企業もあるでしょう。

各企業は、それぞれの状況に応じて判断し意思決定を行うことにより、この危機に対応しようとします。しかし、もしあなたが今すぐに新しく人を雇える場合であっても、別のプランを立てようとしている場合であっても、いずれにしても求職者と関係性を構築し、維持していくことが重要です。今できることがあります。それは現在のこの状況にリアルタイムに対応していくだけではありません。事態が収束して、人々がオフィスに戻ったときのための準備でもあります。…

コロナ禍の中で『つながり続ける』ための戦略

remote workforce

今、私たちは大きな困難に直面しています。COVID-19によりあらゆるビジネスの先行きが不明確となり、混乱がもたらされました。業務を続ける方法についても、多くの急な変化を余儀なくされています。

この新しい環境にすばやく順応することは容易ではなく、まるで足元の地面が分刻みで動いているような気持ちになることもあります。前回の投稿では、この危機の初期段階に Indeedが行った対応についてお話しました。以来、完全在宅勤務が真に意味することを多く学んできました。そして今も学び続けています。

この記事では特にコミュニケーションに焦点を当てて、これらの難しい局面を乗り越える方法、そしていかに『つながっている』という感覚を育むかについて見ていきます。これらは私たちにとって効果的なアプローチでした。皆様のご参考になれば幸いです。…