All posts categorized in: 採用ブランディング

ダイバーシティ、インクルージョン、帰属意識が今まで以上に重要な理由

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の世界的流行を取り巻く前例のない状況の中、仕事の世界は大きく変化しています。

ポジティブな面の変化では、従業員こそが最大の財産であるという意識が一部の雇用主の間で高まってきています。特に、感染のリスクを抱えながらも、社会インフラを支える必要不可欠な労働者であるエッセンシャル・ワーカーに関しては、より一層重要な存在だと実感していることでしょう。コロナウイルスの危機を企業として乗り越えるために短期的な利益よりも人を重視し、従業員を大事にすることをビジネスリーダーは以前よりも強く認識し始めていることでしょう。…

ダイバーシティ&インクルージョン推進のための5つのポイント

あなたの2020年の目標は何ですか?
米国ITアドバイザリ企業であるガートナー社の調査によると、企業の人事リーダー400人以上が、チェンジマネジメント(変革管理)であると答えました。組織は、急速に到来する未来に備える必要があり、それは、優秀な人材をより効率的に獲得し、従業員を大切にすることを意味します。これらの課題に真に対処するには、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性を受け入れ、活かすこと)に取り組む必要があります。

それは、なぜでしょうか?
米国では、ミレニアル世代は、5年後には労働力の75%を占め、重要なリーダーとなって後継者の役割を担うようになります。44%が自分たちを「非白人」と分類しており、この世代は団塊の世代よりも16%もダイバーシティ比率が高くなっています。Z世代はさらにその傾向が強くなっています。ダイバーシティに加えて、半数近く(48%)が自分たちを「非白人」と分類しています。2020年の目標を達成するためには、ダイバーシティ&インクルージョンがあらゆるレベルで組織に組み込まれる必要があります。…

エッセンシャルワーカーの採用から学んだ5つの企業戦略

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が各国で影響を及ぼし始めたとき、雇用者はそれまで想像もできなかったような状況に突然陥りました。多くの業界では、大幅な業務の変更や縮小を余儀なくされ、雇用の新たな課題が生み出されました。その一方、エッセンシャルワーカー(社会インフラを支える必要不可欠な労働者)の職場である、食料品店、薬局、大型スーパーなどのいくつかの業種やビジネスでは、これまで以上に売り上げが伸長し、生活必需品の需要の増加に対応するため、奮闘しなければなりませんでした。

現在では、多くの業種が続々と営業を再開しており、新しい生活様式を取り入れながら営業するために調整が始まっています。過去数ヶ月にわたって業務を制限または休業せざるをえない企業は、活動する機会を増やす準備をしながら、新しい人材を採用し、彼らをサポートする方法を模索しているでしょう。…

ウェルネスプログラムを自社の企業文化に構築する

のコロナウイルスによってれたたなの、のをする、まずの2つをえてみましょう。それは、『にとってのウェルネスとはか?』そして『(実に)でっているウェルネスはか?』 ということです。これらのいにするえはしているでしょうか?

くのがのウェルネスをサポートしているとべており、にはコア・バリューにみんでいるもあります。しかし、コロナウイルスの流によってきこされたにのが応している、おそらくまでによりも動が事になっていくでしょう。くのがとをにえる、のウェルネスへのりみは、ミッションステートメントをえてしっかりりまなければなりません。のはウェルネスをなるのものとえていますが、それをしのにしっかりみんでいきましょう。…

Indeed 企業ページを使って求職者とつながり続ける

新型コロナウイルスによる経済の不確実性は、わずか数ヶ月の間に採用状況を大きく変えました。雇用主の中には、迅速に採用活動を強化する必要のある企業もあれば、人材獲得の戦略を転換し、厳しい労働市場での競争から採用ペースを落としたり、採用を完全に停止したりする企業もあります。

Indeed では、このような厳しい時代を乗り切るため、現在および将来の採用ニーズをサポートするツールを提供したいと考えています。現在採用活動を行っていなくても、求職者との良好な関係を保つことは、採用企業ブランディングを維持する上で重要です。従業員や求職者への対応も含め、この危機にどのように対応するかで、採用活動を再開する時期に、あなたの会社がどのように認識されるかが変わってくるでしょう。…