All posts categorized in: 求職者向け

子育てと仕事の両立の味方!ー地域のサポートシステムー

共働き家庭では、誰もが育児と家事、仕事を両立するためにパートナーと協力して頑張っています。けれど、誰かに助けてほしい、ほっと一息つきたい、悩みを相談したい……といった場面がたびたびあります。そんなときのために、自治体には地域のサポートシステムや補助制度が整備されています。自分のケースに合わせて上手に利用すると、働きながら楽しく生活するための選択肢が広がります。

育児を楽にしてくれる公共サービス

育てながら働くために、もっとも重要なのは子どもを預ける施設です。保育所、幼稚園(延長保育を含む)、認定こども園などがあり、生活スタイルや経済状態などに合わせて選べます。ほとんどの施設で事前登録をしておく必要があります。民間も含みますが、以下のようなサービスも重宝します。…

共働き世代におすすめ – 待機児童にならないための保育所入所ノウハウ

出産後の仕事復帰の際に大きな問題となるのが、保育所の入所の可否です。入所した子どもの人数に対し、定員が足りないため入所できない子どもは「待機児童」と呼ばれ、社会問題となっています。
2020年9月に発表された4月1日時点の保育所の状況によると、待機児童数は前年比4,333人減の1万2,439人でした。過去最少ではあるものの東京都は2,343人、さいたま市は387人と首都圏では依然高い水準にあります。
また、入所できる保育所を探す「保活」という言葉も認知されるようになりました。保活に励んだものの、抽選に漏れたり申請書が通らず、企業からの内定辞退を余儀なくされるケースもあります。…

共働き世代におすすめ – 通勤前時短テクニック

どこの家庭でも朝の時間はバタバタしてしまうものです。共働きや、子どもがいる場合は、なおさら戦場のような忙しさでしょう。こなさなければならない家事が山積みになると、心の余裕がなくなってしまいます。

朝からイライラすると、家庭の雰囲気も悪くなるうえ、一日中気分が晴れないままになてしまうかもしれません。さわやかな朝を迎え、笑顔で家を出発できるように、時間を上手く使う時短テクニックを今日から取り入れてみましょう。

なかなか起きない子どもを効果的に起こすには

身支度にいちばん時間がかかるのに、何度言っても起きないのが子どもです。無理矢理起こすと、グズってよけいに面倒が増えてしまうので悩ましいところ。…

職場におけるエモーショナル・インテリジェンス

精神的に疲れ果てていると感じてはいませんか?そう思っているのはあなただけではありません。私たちは未だにコロナ渦にあり、経済的な不確実性は続いています。また、黒人コミュニティに直接的な影響を与えた痛々しい出来事も記憶に新しいところです。こんな時代に不安や疲れを感じても無理はありません。

変化や激動に対応しているとストレスがかかり、通常よりも大きなプレッシャーを感じます。自分の心配事でだけでも気持ちに余裕がなくなっているかもしれませんが、一緒に働いている同僚にもそれぞれの事情があることを考えてみましょう。もしかしたら、彼らの直面している課題に気づいてあげられていないかもしれません。通常の業務や家事に加えて、幼い子どもや病気の家族の世話をしている人も多くいます。孤独感や孤立感を覚えている人もいるでしょう。エッセンシャル・ワーカーや人と接する仕事に戻る可能性のある人は、自分の健康や幸福について心配しているかもしれません。人種問題のトラウマで慢性的なストレスを抱えている人たちは、恐怖や不安を感じているかもしれません。…

【ウェル・ビーイングの科学】テレワーク中にも幸せに過ごす方法

数か月前には予測もつかなかった事態ですが、世界中で多くの人々が今、外出を避けて、テレワークを行っています。人類がこれまでも環境への適応を繰り返し今に至っていることを考えると、不思議でもありませんが、人々は新型コロナウイルスによりもたらされた日常生活の課題に対応し、新たなルーティーンに順応しつつあります。

たくさんの記事やコラムでアドバイスを目にしますが、著名な専門家の重要なメッセージが埋もれないようにする必要があります。今こそ、これまで以上に幸福感を重視すべきであるという心理学者のソニア・リュボミアスキー博士にお話を伺いました。この記事では、その具体的な理由と対策に関する博士の説明をご紹介します。…