All posts categorized in: 求職者向け

『働きすぎ』を打破し、ワーク・ライフ・バランスを取り戻すには

Beat overworking and bring back work-life balance

週15時間勤務の人はどれぐらいいるでしょうか。エコノミストのジョン・メイナード・ケインズは21世紀には様々なものが自動化され、労働時間が短くなると予測していました。そして、暇な時間をどう使うかが一番の問題になると信じていました。

では現実はどうかというと、これまで以上に忙しくしています。米国のフルタイムの従業員は平均して週47時間働いています。日本ではさらにハードになって、働きすぎで死亡するという意味の『過労死』という言葉さえあります。一方、ミレニアル世代は『燃え尽き症候群世代』というレッテルを貼られています。『常時接続』の通信ツールのせいで、勤務時間外もずっとつながった状態にあるので過労やストレスが発生しやすい傾向があります。…

職場におけるソフトスキルの重要性

leverage soft skills in the workplace

最近、ソフトスキルのことが多く話題に上り、このような人格の特性や習慣、行動パターンなどが社会人としての成功の鍵であるという認識が高まっています。では、これらのソフトスキルは実際の職場やその他の場面でどのような役割を果たしているのでしょう。

今日の技術革新の時代において、感情的知性、創造性、柔軟性などのソフトスキルは職場ではそれほど重要でないように思えるかもしれません。しかしながら、実際のところ、これらのソフトスキルはこれまで以上に重要になってきています。それは、何かに置き換えたり自動化したりすることのできない、人間特有の能力です。強大なパワーとも言えます。…

仕事の効率を上げるタイムマネジメント戦略ー5つのコツ

time management strategies

採用活動は大変な仕事です。流動的な部分が多く、優れた人材を獲得するために素早い反応が要求されます。ベースとなるリクルーティングや日常業務をこなす時間を見つけるのに苦労することもあるでしょう。採用活動においてどんな役割であれ、戦略的に時間を管理することは重要な鍵となります。(実際、採用に限らず、何をするにしても時間管理は重要です。)

採用マネージャーの多くは、採用関連のタスク(求人票の作成、履歴書の審査、面接など)を行う以前に本業の仕事を抱えています。リクルーターの場合、これはフルタイムの仕事となりますが、それはそれでフルタイムのプレッシャーをもたらします。応募書類に目を通し、スケジュールを調整し、採用マネージャーと候補者のそれぞれのニーズのバランスを取りながら、できるだけ早くコミュニケーションを取るような世界です。…