All posts categorized in: Uncategorized

マーケティング担当者のように考える③ 超パーソナライズしたマーケティングで候補者とつながる

過去の投稿でマーケティングファネルとリクルーターの「人材パイプライン」を比較しました。 ファネルの最初の段階である「認知」において、ターゲティングは求職者を積極的に取り込むのに最も役立ちます。 第2段階の「検討」では、リターゲティングを使うことで求職者を応募へ向かわせる、さらなるひと押しができます。

今回の記事では、人材パイプラインの最後の3つのステップ、つまり「トリガー」「応募」「採用」について見ていきます。パイプラインから優秀な人材を取り出して社員に変えるには、パーソナライズされたマーケティングが必要です。…

マーケティング担当者のように考える② リターゲティングとコンテンツを使って候補者の注目を集める

前回の投稿で、マーケティングファネルと採用担当者の「人材パイプライン」を比較しました。 「認知」段階から始めて、ターゲット広告を使用して適切な求職者に適切なタイミングで到達する方法を検討しました。この記事では、ファネルのの第2段階、「検討」について説明します。 これは、候補者が貴社の採用情報を見つけて、応募するかどうかを決定する段階です。

なぜ人は転職するのでしょう? 理由のひとつは、彼らが職場で仕事をさえてもらえない、または士気喪失していると感じているためです。 そして、もう1つ別の理由。私たちはこちらの理由に焦点を当てたいと思っています。すなわち、新しい機会に触発されているという理由です。…

マーケティング担当者のように考える①  貴社の求人の認知度を上げるために

今日の厳しい労働市場では、採用担当者は、自社で募集中の求人に対する認知度を上げ、適切な候補者を獲得するための革新的な戦術を必要としています。そのために、マーケティングの手法を活用してみてはいかがでしょう?

「人材パイプライン」という言葉を聞いたことがあると思います。マーケティングの分野でもこれに似たものがあります。それは、カスタマージャーニー「ファネル」です。パイプラインはすべてのフェーズで同じ幅を保ちます(詰まったり、逆に一度に押し寄せてくることもあります!)。その一方で、マーケティングファネルは、購入の瞬間に近づくにつれて段階的に狭くなるステップに分割されます。雇用の世界ではこの「購入」は候補者が従業員になる瞬間が相当します。…

職場で食事を無料で提供することの利点

5月20日がキッシュ・ロレーヌの日だということをご存知ですか?ちなみに5月はハンバーガーの月でもあります。こういうホリデーはくだらないように見えるかもしれませんが、実は社会についてのある重要なことを映し出しています。つまり、私たちは食べ物が大好きだということです。
ほとんどの場合、社交的な集まりでは食べ物が中心にあります。バーベキュー、家族の夕食、日曜のブランチなどが例として挙げられるでしょう。実際に食べていない時でさえ、私たちは別の形で食べ物を消費することがよくあります。食べ物はインスタグラムで最も撮影されている対象ですし、食べ物関連のテレビ番組はいつの時代も人気があります。生活の中でとても重要な位置を占める食べ物ですが、職場ではどのような役割を果たすのでしょうか?食べ物を使って人材を惹き寄せ、長く働いてもらえるようにできるのでしょうか?…

Indeed(インディード)のサービス紹介と求人広告掲載の仕組み

インディードサービス紹介と仕組みについて

少子高齢化に伴う生産労働人口の減少により人手不足が深刻化しています。同時に、人々の働き方や労働条件も多様化し、時代の移り変わりとともに労働市場は大きく変化してきています。

求職者は自分に合った求人をネット上で自由に検索するようになりました。能動的に活動する求職者に合わせ、採用企業側にも変化が求められています。そこで活用したいのが Indeed。Indeedは求人に特化した検索エンジンで、月間2億5千万人* のユーザーが利用しています。

このビデオでは、Indeedに求人広告が掲載される仕組みや日本での利用状況をご紹介しています。さらに詳しい情報をお求めの方はこちらからお問い合わせください。…