Indeed Blog | JP

リモートワーカーを成功に導くための働き方改革

リモートワーカーを成功に導くための働き方改革

かつては珍しかったリモートワークも、今日では一般的となり、従業員に求められる働き方になりつつあります。調査によると、米国の労働者のうち40%から70%が、少なくとも週に1回は在宅勤務をしていると推定されています。また、米国での求職者のうちほぼ半数が、「リモートワークができることが、仕事を選ぶ上で重要な要素である」と答えています。

テレワークと言うと、自宅で仕事をせずに、パジャマを着て寝転んでいるという固定観念を持つ人もいるかもしれません。しかし、中国の大手旅行会社を対象に、スタンフォード大学が2年間に渡って行った調査によると、リモートワーカーの生産性は在宅勤務の方がはるかに高く、一日余分に働いているのと同等の生産性を持っていることがわかりました。また、Indeedの最近の調査でも、従業員と雇用主の大多数が、リモートワークは生産性の向上につながると感じていることがわかっています。…

「ダイバーシティー&インクルージョン」ー 成功する研修プログラム

「ダイバーシティー&インクルージョン」ー 成功する研修プログラム

ダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(包摂)(D&I)のトレーニングは、今日の企業にとって最優先事項のひとつです。企業が組織内のD&Iの改善に取り組むにつれて、教育とトレーニングが果たす重要な役割に対する認識が高まっています。雇用や昇進制度の構造変化によりバイアスや障壁を減らすことができる一方で、インクルージョンやビロンギング(帰属意識)の文化を作り出すことが、優秀な人材をキープするために必要だと、企業はあらゆる場面で気づきます。企業がダイバーシティ&インクルージョンのトレーニングを積極的に提供することによって、従業員はインクルーシブな職場環境を作るために必要な知識やスキルを得られます。…

チームワークが夢を叶える: 生産性の高いチームを構築するための6つのステップ

チームワークが夢を叶える: 生産性の高いチームを構築するための6つのステップ

職場のチームの機能が最大限に発揮されたことはありますか?誰もがシームレスに連携し、非常に生産的でありながら、各自が仕事に対して想像以上にエネルギーと努力を注いでくれる。このような経験をしたことがある人は非常に運が良く、チームが一つとなる一体感を感じられることでしょう。

生産性の高いチームの構築に、実際に運はほとんど関係ありません。相乗効果の基礎を築けるような採用方法を実践し、人間関係を円滑にする手助けをすることで、「全体は部分の総和に勝る」ことができるのです。
あなたの組織で生産性の高いチームを作るための6つのステップをご紹介します。…

ダイバーシティ、インクルージョン、帰属意識が今まで以上に重要な理由

ダイバーシティ、インクルージョン、帰属意識が今まで以上に重要な理由

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の世界的流行を取り巻く前例のない状況の中、仕事の世界は大きく変化しています。

ポジティブな面の変化では、従業員こそが最大の財産であるという意識が一部の雇用主の間で高まってきています。特に、感染のリスクを抱えながらも、社会インフラを支える必要不可欠な労働者であるエッセンシャル・ワーカーに関しては、より一層重要な存在だと実感していることでしょう。コロナウイルスの危機を企業として乗り越えるために短期的な利益よりも人を重視し、従業員を大事にすることをビジネスリーダーは以前よりも強く認識し始めていることでしょう。…

ダイバーシティ&インクルージョン推進のための5つのポイント

ダイバーシティ&インクルージョン推進のための5つのポイント

あなたの2020年の目標は何ですか?
米国ITアドバイザリ企業であるガートナー社の調査によると、企業の人事リーダー400人以上が、チェンジマネジメント(変革管理)であると答えました。組織は、急速に到来する未来に備える必要があり、それは、優秀な人材をより効率的に獲得し、従業員を大切にすることを意味します。これらの課題に真に対処するには、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性を受け入れ、活かすこと)に取り組む必要があります。

それは、なぜでしょうか?
米国では、ミレニアル世代は、5年後には労働力の75%を占め、重要なリーダーとなって後継者の役割を担うようになります。44%が自分たちを「非白人」と分類しており、この世代は団塊の世代よりも16%もダイバーシティ比率が高くなっています。Z世代はさらにその傾向が強くなっています。ダイバーシティに加えて、半数近く(48%)が自分たちを「非白人」と分類しています。2020年の目標を達成するためには、ダイバーシティ&インクルージョンがあらゆるレベルで組織に組み込まれる必要があります。…