Indeed Blog | JP

職場におけるエモーショナル・インテリジェンス

職場におけるエモーショナル・インテリジェンス

精神的に疲れ果てていると感じてはいませんか?そう思っているのはあなただけではありません。私たちは未だにコロナ渦にあり、経済的な不確実性は続いています。また、黒人コミュニティに直接的な影響を与えた痛々しい出来事も記憶に新しいところです。こんな時代に不安や疲れを感じても無理はありません。

変化や激動に対応しているとストレスがかかり、通常よりも大きなプレッシャーを感じます。自分の心配事でだけでも気持ちに余裕がなくなっているかもしれませんが、一緒に働いている同僚にもそれぞれの事情があることを考えてみましょう。もしかしたら、彼らの直面している課題に気づいてあげられていないかもしれません。通常の業務や家事に加えて、幼い子どもや病気の家族の世話をしている人も多くいます。孤独感や孤立感を覚えている人もいるでしょう。エッセンシャル・ワーカーや人と接する仕事に戻る可能性のある人は、自分の健康や幸福について心配しているかもしれません。人種問題のトラウマで慢性的なストレスを抱えている人たちは、恐怖や不安を感じているかもしれません。…

エッセンシャルワーカーの採用から学んだ5つの企業戦略

エッセンシャルワーカーの採用から学んだ5つの企業戦略

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が各国で影響を及ぼし始めたとき、雇用者はそれまで想像もできなかったような状況に突然陥りました。多くの業界では、大幅な業務の変更や縮小を余儀なくされ、雇用の新たな課題が生み出されました。その一方、エッセンシャルワーカー(社会インフラを支える必要不可欠な労働者)の職場である、食料品店、薬局、大型スーパーなどのいくつかの業種やビジネスでは、これまで以上に売り上げが伸長し、生活必需品の需要の増加に対応するため、奮闘しなければなりませんでした。

現在では、多くの業種が続々と営業を再開しており、新しい生活様式を取り入れながら営業するために調整が始まっています。過去数ヶ月にわたって業務を制限または休業せざるをえない企業は、活動する機会を増やす準備をしながら、新しい人材を採用し、彼らをサポートする方法を模索しているでしょう。…

アメリカ世論調査:企業はCOVID-19から何を学んだのか?

アメリカ世論調査:企業はCOVID-19から何を学んだのか?

米国では3月に外出自粛要請がされて以来、雇用情勢は劇的に変化し、求職者、事業主、企業の間では不安が高まっています。しかし、米国各州が経済を再開し、ビジネスの世界を再構築していく中で、今が正念場であることは間違いありません。

まず最初の一歩として、人事(HR)と採用(TA)の専門家に、昨今の新型コロナウイルス危機について質問しました。新型コロナウイルスはどのような影響を与えているのか?何が心配されるのか?実際に何かが「永遠に」変わったのか、それともただの大げさな報道なのか?この経験から何を学び、より良い再建ができるのか?…

ウェルネスプログラムを自社の企業文化に構築する

ウェルネスプログラムを自社の企業文化に構築する

のコロナウイルスによってれたたなの、のをする、まずの2つをえてみましょう。それは、『にとってのウェルネスとはか?』そして『(実に)でっているウェルネスはか?』 ということです。これらのいにするえはしているでしょうか?

くのがのウェルネスをサポートしているとべており、にはコア・バリューにみんでいるもあります。しかし、コロナウイルスの流によってきこされたにのが応している、おそらくまでによりも動が事になっていくでしょう。くのがとをにえる、のウェルネスへのりみは、ミッションステートメントをえてしっかりりまなければなりません。のはウェルネスをなるのものとえていますが、それをしのにしっかりみんでいきましょう。…